インクジェット出力のデータ入稿の流れ

インクジェット出力のデータ入稿の流れ

インクジェット出力のデータ入稿の流れ インクジェット出力とは液体インクを使ったプリンターで印刷を行うサービスです。プリンターと言っても、家庭用のインクジェットプリンターではなく、A2サイズやA1サイズなどのような大きな印刷物を製作したい時、通常の印刷よりもコストを抑えたい時などに便利な印刷サービスです。A2サイズやA1サイズはポスターなどのような大判印刷サイズ、このような大きなサイズに印刷が出来るのもインクジェット出力の魅力です。
インクジェット出力を使ってポスター印刷を行えば、1枚からの印刷対応が可能なケースが多く、試作用のポスターを作りたい時にも便利です。最近は通販サイトで印刷の受注を行っているお店も多くなっており、大半のお店がデータ入稿による制作を可能にしています。データ入稿の流れは、最初に印刷手法や用紙のサイズ、部数やカラーもしくは白黒などを選び、その上で自らが製作した印刷データを通販サイトを運営している会社に送付する流れになります。

データ入稿からインクジェット出力

データ入稿からインクジェット出力 意外と知られていない印刷屋さんの仕事とサービス内容。特に最近は家庭用プリンターの高性能化とコンビニの普及で、ある程度大きなサイズでも簡単に印刷できたり、高品質な印刷用紙や少し特殊な印刷用紙にも対応できるようになるなど「印刷」というものがかなり手軽な存在になってきているように感じます。
現在家庭用プリンターで主流となっているインクジェット出力方式ですが、同じインクジェット出力でも自身で作成した印刷データを家庭で印刷するのと、印刷を専門企業に依頼するのとでは、大きく形の異なる物に仕上がります。専門企業に依頼することでデータ入稿から、「看板」として印刷できたり、ポスター印刷でも防水加工を施せたり、カタログやマニュアルなど大量のデータを大きな冊子として印刷できるなど家庭ではなかなかできない多様な印刷が可能です。また、より良い印刷の形をプランの中から提案して頂くこともできプロ視点からの印刷案を参考にできます。より商用的また、同人活動用の高品質な印刷を求める場合には力強い存在です。
料金や印刷部数の敷居も低く大量に印刷するのであれば家庭やコンビニで印刷するものより大きくコストを抑えられるだけでなく、Web入稿がでたりネットを通した業務依頼が可能など、現在ではきちんと仕様に合わせたデータ入稿であればさらに手軽な存在となっています。