鮮明に印刷しコストの削減も可能

鮮明に印刷しコストの削減も可能

鮮明に印刷しコストの削減も可能 専用の細いノズルから印刷をおこなう対象物にインクを噴射することによって、細かい塗料の粒子を用紙やラミネートなどに付着させるのがインクジェット出力の印刷方法であることをご存知の方も多いのではないでしょうか。
以前は室内はもちろんのこと室外で使用する看板やポスターなどのように大型の印刷物は、オフセットやレーザーなど別の印刷方法をおこなっていました。ところが最近ではインクジェット出力の機材が革新的な発展を遂げたことがあって、より鮮明な印刷を求める顧客などへの対応が可能となったのです。またインクジェット出力によって看板などの大きくて人目を引くものが鮮明で美しくなったことはもちろんですが、今までの技術では版を作る手間などが必要でスピーディーにおこなえなかった作業も早まりました。なお版を作るのではなくインクジェット出力になったことは、コストの点でも大きく削減できるようになるなどあらゆることが改善されたといえます。

水性の染料タイプと顔料タイプについて

水性の染料タイプと顔料タイプについて 専用の細いノズルからインクを噴射して使用するインクジェット出力は、微細なインクの粒子を付着させることによって印刷をすることができる技術です。
インクジェット出力プリンターで最も多く使われてるのが水性インクです。染料タイプは発色が鮮やかで非常にきれいに出力できる特徴があります。滲まずにきれいにプリント印刷できるように、プリントをされる表面には特殊加工が施されています。水性インクはインク自体が水系であることから、メディア自体も水を吸収しやすいように加工しています。屋外ではそのまま使用すると雨の影響ですぐに傷むことから、看板には不向きな面があります。また屋内で使用する場合も水分を吸収しやすいためラミネート加工を施すことが必須となります。長期間使用するには不向きな面があるためにポスターの印刷物など、屋内での使用がほとんどとなっています。反面、顔料タイプは耐候性に優れていることから長期間使用する印刷物に使われています。